カードローンとその上手な使い方は

人生のうちで、これにだけは困りたくないと誰もが思うのが、お金ではないでしょうか。
お金に困る生活は、生活の質を落とし、人間性までもひねくれさせてしまうことが少なくありません。
とはいえ、実際問題としてお金がないとそうなってしまうのもまた、致し方のないことなのかもしれないと思います。
そんな時は、上手にお金を遣う方法を考えるべきなのでしょう。
今や日本人の10人に1人は借金があると答えているのだそうです。
借金があるというのはどう考えてもいい状況ではないと思うのですが、10人に1人といえば、これはもうポピュラーと言ってもいい割合でしょう。
それだけの人が借金をしている背景には、お金を借りる行為そのものが便利になったという点があると思います。
いわゆるカードローンというもので、専用のカードを作ってもらうことができれば、それによって人を介さず、機械からお金を引き出すことができます。
返済はたいていリボルビング払いとなっていますので、月額でいくら返済すると決めておき、計画的に返済することになります。
10人に1人と言われる借金がある人の中で、おそらくもっとも多いのは給料日前にピンチになり、カードローンでお金を借り、その返済がまだ残っているという人なのではないでしょうか。
たとえば2万円を借りたとして、月々1万円返済であれば、2か月で借金はなくなります。
5000円返済だとしても4か月、この間に新たにカードローンを利用しなければ借金が増えることはなく、返済の負担が重くなることもありません。
カードローンを利用するには審査を受ける必要がありますが、会社員として働いていて一定の収入がある人であれば、審査はスムーズにパスできるところがほとんどです。
それに加えて最近はアルバイトの人や主婦の人でも使えるという、規制範囲の緩いところもありますので、それが借金人口の多さにもつながっているのかもしれません。
確かに借金は借金ですが、上手に返済していく裁量があれば、必要以上に怖がることもないという気がしてきます。
特に毎月定額を返済していくカードローンの場合、今月はびっくりするくらい返済金額が上がって請求されてきたというようなことがありません。
まずは返済をし、あとを必要経費に振り分けるといったことをしていけば、たとえお金を借りたとしても、きちんとやりくりしていけると思います。
銀行系であれば、利用できるATMの数も多くなり、ピンチという時に役に立ってくれることは間違いありません。
お金に困る状態になりたくないのは誰もが同じですが、もしも困ったとき、友人や家族に頭を下げてお金を用立ててもらうよりは、自分で返済可能な計画を立てた上で、誰に頭を下げることなくATMからお金を用意できた方が、精神的にもいいような気がします。
さまざまな金融機関がいろいろなサービスを提供していることを考えると、借金がある人の多くが上手にピンチを切り抜けているのかもしれません。

Posted in カードローン | コメントは受け付けていません。

上手に利用して賢く返済を

お金に悩まされる人生は、誰もが遠慮願いたいと考えていることですが、人生というもの、どこでお金が入用になるか分かりません。
計画的に使っているにも関わらず、突発的にお金が必要になることもあるものです。
たとえば結婚式に招待されたり、最近は少なくなりましたが、不幸があってお香典を持参しなければならない時などです。
不思議なもので、結婚式に呼ばれるとおめでたいことが重なって起こり、またお祝いをする必要に迫られたり、不幸もなぜか続いたりします。
そんなとき、毎月の生活設計はしていても、なかなか貯蓄にまで回せないという家庭では、お金を工面しようにも、そのための貯金がないということもあると思います。
こうしたときの頼もしい味方が、最近いろいろな金融機関が発行するようになったカードローンです。
一般的には消費者金融、信販系、銀行系の3つに分類できるかと思いますが、どこを利用するかについてはそれぞれに特色を打ちだしていることから、比較検討するのがおすすめです。
定職に就いている人であれば、審査があるとはいえ、ほぼパスできると言われている昨今のカードローンは、金融機関はもちろん、コンビニなどにもATMがあり、気軽に借りてあとはリボ払い返済というパターンが多くなりました。
これなら必要な分だけ借りて、あとは返済していけるだけの額を設定し、返済期間を決めることができます。
こちらも会社によって毎月いくらと返済額が決められているところもあれば、自分でいくらいくら、返済していきますと決められるところもあるでしょう。
どちらがいいか自分で考え、使いやすい方を選ぶことが、より便利なカードローンとなることは間違いありません。
毎日の生活費をカードローンでまかなうと、足りなくなればまた借りてといった具合にどんどん膨らんでいってしまうことにもなりかねませんので、このような使い方は避けた方が無難です。
反面、突発的にお金が必要になったものの、給料日まであと何日という計算ができるのであれば、安心して使うことができると言えます。
カードローンの利用に対して必要になる利息は、原則日割り計算となりますので、必要な期間だけ利用するのが、もっとも賢い使い方と言えます。
会社によってはリボ払い返済だけでなく、お金があればすぐ返済してしまい、精算することも可能です。
コンビニなどに機械が置かれることが増えましたので、お金ができたらすぐに返すということをマメにやっていけば、最低限の利息の支払いだけで済みます。
会社としては利用者を増やしたいことから、他社と差別化を図るため、一週間以内で返済してくれるなら利息なしといったところや、初めてなら30日間利息なしというサービスを提供しています。
給料日まであと5日というのであれば、一週間以内なら利息なしというところを利用するのがお得ですし、一か月あれば返済できるというのであれば、初めてのところでカードを作るのも賢い利用方法だと思います。

Posted in カードローン | コメントは受け付けていません。

カードローンの上手な選び方

これからカードローンを利用しようとする方は、少なからず業者などを探したりしているのではないでしょうか。
とにかくかなりたくさんの金融業者があるので、どういった業者から選べば良いのかなどお悩みになる方も多いでしょう。
多くの方の用途としてはきっとスピーディーさを求めていることでしょうし、いざという時の融資先としてとりあえず準備しておこうという方もいるはずです。
お金を借りる以上は審査が必要ですが、審査の基準や迅速性も実際に契約を行う際には検討するでしょう。
今はあまり見聞しなくなりましたが、かつてはヤミ金融や悪徳業者も多く存在していたので、実際に金融業者を選ぶ際には慎重に行う必要があるのです。
そこで気持ちよくお金を融資してもらうためには業者選びがとっても重要です。
やはり大手の金融業者から融資を受けるのは精神的にも安心できるでしょう。
今は中小の貸金業者はかなり淘汰されたので、あまり街中で見かけることはなくなりましたが、こうした業者の中にはヤミ金融なども多く存在するので注意が必要です。
中には通常では借りる事の出来ない方でも貸してくれることもあるのですが、きっと金利が高いなどの不利な条件があるので要注意です。
なんと言ってもローンの返済のネックは高い金利の支払いです。
ですのでやはり有名な大手の会社から融資を受けることをオススメします!最近はどんどん銀行が貸金事業に参入しているおかげで、イメージが良くなりましたし法外な金利を請求されることもなくなっています。
カードローンは銀行系、消費者金融系そして信販会社系の、大きく三つに分けることが出来ますが、特に気になる消費者金融系のローンも、現在残っているのは大手の会社ばかりですので、今や安心して利用することが出来るのです。
一定期間無利息であったり一定額を長期にわたり無利息にするなど、利用者にとっては嬉しいサービスも数多く提供されているので、是非気軽に利用してみてはいかがでしょうか!最近は店頭での対面手続きも大幅に減って、無人店舗やインターネットでの契約が主流となっています。
これなら緊張することもないですし、万一審査にパスしなくても時間などを無駄にすることもなく、精神的なダメージも少ないので便利ですよね。
カードローンをお得に利用するための比較一括サイトもあるので、こうしたサイトには必ず訪れてみて、口コミ情報や金利情報を比較してお得な金融業者を見つけ出して下さいね!銀行系のローンの中でもネット銀行は、そもそも人件費削減に力を注いでいて、その分利用者に対して低金利での融資を提供している傾向にあります。
中には最高金利であっても10%を切るような破格の低金利の業者もあるので、金利重視の方はこうした業者を見つけ出して是非利用してみて下さい。
金利の低さに加えて重要なのは利便性です。
いつでもどこでもお金を引き出せて返済が出来ることも大事ですので、たくさんのATMやCDを介して利用できるような業者を選びたいですね!

Posted in カードローン | コメントは受け付けていません。

カードローンの利用枠を拡大するには

5年前まではカードローンやクレジットカードは、20歳以上で仕事をしていれば誰でも契約できるものでした。
しかし、2010年の貸金業法の改正によって、審査が厳格になって融資率が70%~80%程度にまで下がりました。
つまり、20%~30%の方は借り入れができないということです。
初回で借り入れできる金額は、10万円~50万円くらいと考えておくといいでしょう。
新卒後に就職したばかりならば、10万円くらいからスタートすることも多く、その後勤続年数が増えることで利用枠も拡大されていくことがあります。
カードローンの利用においては、年収と他社借入金によって審査結果がほぼ決定しますが、勤続年数も無視はできません。
当然のことながら勤続年数が長いほど有利なのです。
たびたび転職をしている場合は収入が安定しませんし、増やすことも困難であるため、借入額は少なくなる傾向があります。
資産を有していれば、利用枠が大きくなる可能性が高いです。
まとまった貯金・土地があれば、万が一のときにそれが担保となりますから、金融機関側にとっても安心なのです。
もともとカードローンは担保を不要とするローンですが、担保があったほうが審査で優遇されるのは間違いありません。
貯蓄があるのにお金を借りる人はいないと思われるかもしれませんが、実際には借りている方はかなり多いのです。
万が一のときのために貯金を残しておくことは必要であり、これはたとえローンを利用する場合においても当てはまります。
お金のプロであるファイナンシャルプランナーも、貯金をゼロにするよりは、貯金をある程度残しながらローンを組んだほうがいいと説明しています。
これからカードローンを利用する方は、返済日にきっちりと返済するクセをつけてください。
非常にシンプルなことですが、最も確実に自分の信用を上げる方法なのです。
信用さえ高まれば借入額の増額にも応じてくれますし、金融機関側から増額の話を持ち出してくることもあります。
返済日に何度も遅れていながら増額交渉をしても、相手は聞く耳を持ってはくれないでしょう。
口座引き落としで返済する場合は、毎月しっかりとお金が不足していないか確認することです。
10円不足するだけでも引き落としできないため、金融機関からの信用を一気に失うことになります。
引き落とし口座は給料の振込口座にしておき、貯金をかねて10万円くらいは余分に残しておくといいでしょう。
近年はクレジットカード機能付きのカードローンも登場しています。
クレジットとローン機能の両方が使えるので、カードを1枚に統一したいという方におすすめです。
カードを何枚も所有していると、うっかり返済を忘れてしまう会社も出てきます。
カードを1枚にしておけばこうしたミスは防げますし、別のローンを利用するときも審査で有利となります。
カード枚数は契約件数としてカウントされるため、なるべく枚数は減らしたほうがいいわけです。

Posted in カードローン | コメントは受け付けていません。

女性が持ちたいカードローン

女性、それも専業主婦なら、そんなに急にお金が必要になることなんてないと思っていませんか。
それはとんでもない間違いです。
明け方に電話がかかってきて、「どこそこの誰それさんが亡くなったから手伝いにきて」なんてことがよくあります。
都会はそういうことは少ないかもしれませんが、田舎だと冠婚葬祭は地域で手伝うなんて風習がまだあるんです。
手伝うにしても手ぶらでいくことはできません。
香典を持っていかなければならないわけですが、これがお金がない時に限ってそんなことがあるんです。
お祝いごとにしても同じです。
「あそこのお宅のお子さんが結婚する」なんて聞いたら、やはりご祝儀を持ってお祝いに行くのが当たり前なんです。
田舎だからでしょうか子どもの新入学なども派手なんです。
そんな親戚付き合いや近所付き合いでけっこうお金が必要なものなんです。
女性は家の家計を切り盛りしていることが多いですから、急な出費がある時でもお金がないなんて言えません。
それで女性もカードローンを利用することが多いんです。
今は女性専用のものまであります。
冠婚葬祭の付き合い、子どもやご主人に急に必要になったお金、それを全部女性がやりくりしているんですから、もしかしたら男性より女性がカードローンを使うほうが多いんじゃないでしょうか。
2010年の総量規制の施行で女性は借りにくくなったといいますが、いまはその時ほどは厳しくはないようです。
女性でも借りられるものはいくつもあります。
パートやアルバイト、専業主婦でも利用できるサービスがありますから、利用したい時は女性専用のサービスを利用したほうがいいかもしれません。
ただ、そういった女性専用のサービスは、利用限度額が50万円までのことが多いようです。
50万円までなら収入の証明も必要なく、夫の同意書がなくても大丈夫なことが多いようです。
もっとも、50万円以上借りたいという時は、収入証明が必要になりますし夫の同意書も必要になります。
冠婚葬祭や急な出費が50万円以上もあるということは少ないでしょうから、限度額50万円で十分なのではないでしょうか。
50万円までなら気軽に借りられますから気構える必要もありません。
最近は、女性が借りやすくなるように、テレビCMなども女性を多用してソフトな雰囲気を出しています。
窓口も女性が担当になってくれることが多いです。
利用するまでは怖いところなのではないかと思われていた方も、利用してみてこんなに気軽に借りられるところとは思っていなかったと、使いやすさを喜ばれている方もたくさんいます。
もちろん、カードローンを利用するのなら、返済を計画的にすることは大切です。
足りないから借りるという無計画な借り方では、どんどん借入が多くなってしまうことも考えられます。
借りるのはとても簡単に借りることができるだけに、返済計画はきちんと考えておくことをおすすめします。
利用の仕方によれば、これほど便利なものはないのですから上手に利用しましょう。

Posted in カードローン | コメントは受け付けていません。