女性が持ちたいカードローン

女性、それも専業主婦なら、そんなに急にお金が必要になることなんてないと思っていませんか。
それはとんでもない間違いです。
明け方に電話がかかってきて、「どこそこの誰それさんが亡くなったから手伝いにきて」なんてことがよくあります。
都会はそういうことは少ないかもしれませんが、田舎だと冠婚葬祭は地域で手伝うなんて風習がまだあるんです。
手伝うにしても手ぶらでいくことはできません。
香典を持っていかなければならないわけですが、これがお金がない時に限ってそんなことがあるんです。
お祝いごとにしても同じです。
「あそこのお宅のお子さんが結婚する」なんて聞いたら、やはりご祝儀を持ってお祝いに行くのが当たり前なんです。
田舎だからでしょうか子どもの新入学なども派手なんです。
そんな親戚付き合いや近所付き合いでけっこうお金が必要なものなんです。
女性は家の家計を切り盛りしていることが多いですから、急な出費がある時でもお金がないなんて言えません。
それで女性もカードローンを利用することが多いんです。
今は女性専用のものまであります。
冠婚葬祭の付き合い、子どもやご主人に急に必要になったお金、それを全部女性がやりくりしているんですから、もしかしたら男性より女性がカードローンを使うほうが多いんじゃないでしょうか。
2010年の総量規制の施行で女性は借りにくくなったといいますが、いまはその時ほどは厳しくはないようです。
女性でも借りられるものはいくつもあります。
パートやアルバイト、専業主婦でも利用できるサービスがありますから、利用したい時は女性専用のサービスを利用したほうがいいかもしれません。
ただ、そういった女性専用のサービスは、利用限度額が50万円までのことが多いようです。
50万円までなら収入の証明も必要なく、夫の同意書がなくても大丈夫なことが多いようです。
もっとも、50万円以上借りたいという時は、収入証明が必要になりますし夫の同意書も必要になります。
冠婚葬祭や急な出費が50万円以上もあるということは少ないでしょうから、限度額50万円で十分なのではないでしょうか。
50万円までなら気軽に借りられますから気構える必要もありません。
最近は、女性が借りやすくなるように、テレビCMなども女性を多用してソフトな雰囲気を出しています。
窓口も女性が担当になってくれることが多いです。
利用するまでは怖いところなのではないかと思われていた方も、利用してみてこんなに気軽に借りられるところとは思っていなかったと、使いやすさを喜ばれている方もたくさんいます。
もちろん、カードローンを利用するのなら、返済を計画的にすることは大切です。
足りないから借りるという無計画な借り方では、どんどん借入が多くなってしまうことも考えられます。
借りるのはとても簡単に借りることができるだけに、返済計画はきちんと考えておくことをおすすめします。
利用の仕方によれば、これほど便利なものはないのですから上手に利用しましょう。

This entry was posted in カードローン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.