カードローンとその上手な使い方は

人生のうちで、これにだけは困りたくないと誰もが思うのが、お金ではないでしょうか。
お金に困る生活は、生活の質を落とし、人間性までもひねくれさせてしまうことが少なくありません。
とはいえ、実際問題としてお金がないとそうなってしまうのもまた、致し方のないことなのかもしれないと思います。
そんな時は、上手にお金を遣う方法を考えるべきなのでしょう。
今や日本人の10人に1人は借金があると答えているのだそうです。
借金があるというのはどう考えてもいい状況ではないと思うのですが、10人に1人といえば、これはもうポピュラーと言ってもいい割合でしょう。
それだけの人が借金をしている背景には、お金を借りる行為そのものが便利になったという点があると思います。
いわゆるカードローンというもので、専用のカードを作ってもらうことができれば、それによって人を介さず、機械からお金を引き出すことができます。
返済はたいていリボルビング払いとなっていますので、月額でいくら返済すると決めておき、計画的に返済することになります。
10人に1人と言われる借金がある人の中で、おそらくもっとも多いのは給料日前にピンチになり、カードローンでお金を借り、その返済がまだ残っているという人なのではないでしょうか。
たとえば2万円を借りたとして、月々1万円返済であれば、2か月で借金はなくなります。
5000円返済だとしても4か月、この間に新たにカードローンを利用しなければ借金が増えることはなく、返済の負担が重くなることもありません。
カードローンを利用するには審査を受ける必要がありますが、会社員として働いていて一定の収入がある人であれば、審査はスムーズにパスできるところがほとんどです。
それに加えて最近はアルバイトの人や主婦の人でも使えるという、規制範囲の緩いところもありますので、それが借金人口の多さにもつながっているのかもしれません。
確かに借金は借金ですが、上手に返済していく裁量があれば、必要以上に怖がることもないという気がしてきます。
特に毎月定額を返済していくカードローンの場合、今月はびっくりするくらい返済金額が上がって請求されてきたというようなことがありません。
まずは返済をし、あとを必要経費に振り分けるといったことをしていけば、たとえお金を借りたとしても、きちんとやりくりしていけると思います。
銀行系であれば、利用できるATMの数も多くなり、ピンチという時に役に立ってくれることは間違いありません。
お金に困る状態になりたくないのは誰もが同じですが、もしも困ったとき、友人や家族に頭を下げてお金を用立ててもらうよりは、自分で返済可能な計画を立てた上で、誰に頭を下げることなくATMからお金を用意できた方が、精神的にもいいような気がします。
さまざまな金融機関がいろいろなサービスを提供していることを考えると、借金がある人の多くが上手にピンチを切り抜けているのかもしれません。

This entry was posted in カードローン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.